プーケットの言葉

現地で使われている言葉はタイ語が中心ですが、国際都市のプーケットはほぼどこでも英語が通じます。
また英語学校、タイ語学校が非常に安いので少し勉強してもいいでしょう。
学校によっては教育ビザが出て長期で滞在することも可能です。

タイ語に関しては文法が非常に簡単で独学で覚える人も多いです。
数字と挨拶と簡単な単語だけ覚えると、基本的な文法と組み合わせて割とすぐに会話できたりします。
挨拶でいうと、こんにちはもおはようもこんばんはも同じで

「サワディーカップ」(女性はサワディーカー)

です。

挨拶が日本ほど重視されないので細かい区切りがないようです。
こういった基本表現だけ覚えると全く問題なく暮らせます。